シンガ・カンパニー・サービスでは、

シンガポールの会社設立と会社維持運営、

移住サポートを日本語でご提供しております

日本人がシンガポールという外国で会社設立して運営していくのは難しいのでは、

英語が得意でない中、そして初めての海外でシンガポール移住は大変なのでは、

そのようなご心配をクライアントからお伺いしております。

当社シンガ・カンパニー・サービスでは、シンガポールの法人設立・運営管理と、シンガポールへの移住に関するあらゆる課題に対し、ワンストップで・日本語でお応えできる体制を整え、クライアントのサポートに努めております。こうした心配を払拭し、クライアントのシンガポールでの会社運営とシンガポール移住が意義あるものになるよう、ご支援いたします。どうぞお気軽にお声掛けください
シンガポール マーライオンとMBS

シンガ・カンパニー・サービスでは、

シンガポールの会社設立と会社維持運営、

移住サポートを日本語でご提供しております

日本人がシンガポールという外国で会社設立して運営していくのは難しいのでは 。また、初めての海外移住でのシンガポール移住は大変なのでは。そのようなご心配をクライアントからお伺いしております。

当社シンガ・カンパニー・サービスでは、シンガポールでの会社設立・会社維持運営・移住に関連する事項を中心に、数々のクライアントのニーズにワンストップで・日本語でご提供できる体制を整え、クライアントのサポートに努めております。

シンガ・カンパニー・サービスは
2014年創業のシンガポールの会計事務所です

日本人がシンガポールという海外に来て全く異なる法律や規制に基づいて会社を設立・運営していく、あるいはビザを取ってシンガポールへ移住し生活を立ち上げる、そのような外国人として直面する問題を、不慣れな海外で・英語環境で解決するのは容易ではありません。

そこで、皆様が安心してシンガポールで会社設立・運営ができるよう、またスムーズにシンガポールへ移住して来られるよう、2014年に当社が設立されました。当社代表の高橋は2012年に自身がシンガポールへ移住、初めての海外での生活セットアップ、そして複数事業の立ち上げと失敗を経た後、その自身の経験を活かして日本人のシンガポール会社設立と運営、そして移住をサポートすべく、シンガ・カンパニー・サービスを創業しました。

当社サービスでは「クライアントが本来の目的であるビジネスと生活に時間とエネルギーを使えるようサポートすること」「クライアントの直面する外国人ならではの問題を、豊富なローカル知識を使って解決すること」を標榜しております。通常の会計事務所の業務範囲にとどまらず、シンガポール会社設立、維持運営(会計・税務・登記)、ビザや銀行関連などシンガポール移住にまつわるあらゆるサービスをご提供、皆さんが要らぬ心配事に悩まされること無く、事業成長と生活のセットアップに注力できるよう、お手伝いしております。

また、クライアントと当社とのコミュニケーションは、全て日本語で行える体制を整えております。日本人スタッフあるいは日本語話者が窓口となり、ご相談頂いた事案に応じて柔軟に対応しております。

シンプルな手続きですべての要件を整え、迅速・スムーズに会社を設立できるよう会社設立の一式をまとめた「シンガポール会社設立パッケージ」をはじめ、会社登記、現地取締役の名義貸し、会社秘書役(セクレタリー)、登記住所貸し、会計税務、シンガポール移住のサポート、そして専門知識に基づく各種コンサルティングに至るまで、会社設立・維持運営・移住に必要となる全てをご提供しております。当社でお手伝いできそうなことがあれば、お気軽にお声掛けください。

主要なサービス

会社設立・会社維持

シンガポールでの会社設立および会社の維持に関わる一般的な必要事項全てをご提供しております。会社秘書役(カンパニー・セクレタリー)、取締役名義貸し(ローカル・ダイレクター)、登記住所貸し、各種会社関連登記、関連する業務も柔軟に対応しております

会計・税務

シンガポール法人の会計(月次・四半期・年次)、決算、管理会計、連結、そして税務全般(法人税、個人所得税、消費税、源泉徴収税、国際税務など)をカバーし、会社の運営に必要な会計・税務を網羅的にサポートしております

ビザ申請など移住関連業務

就労ビザ申請、扶養家族ビザ申請、永住権申請などのビザ全般の申請およびその事前プランニング、そして生活セットアップや資産運用セットアップのサポートに至るまで、シンガポール移住に伴い発生する主要トピックを広くお手伝いしております

→ ビザ申請とシンガポール移住に関するサービス

コンサルティング、オペレーションサポート、その他

上記におさまらない要件においては、顧問契約や別途パッケージを作り、クライアントの会社運営を全面バックアップしています。例としては、日本・シンガポールをまたぐ国際税務の検討、小規模会社の運営(経理・人事の一部)代行、事業立ち上げコンサル、と柔軟に対応しております

→ コンサルティング、オペレーションサポートなどに関するサービス

当社の得意分野

当社シンガ・カンパニー・サービスでは、多岐に渡る業界のクライアントに対し、幅広いソリューションを提供しております。従い、産業・業種による得意不得意は無く、特殊な分野を除いた産業・業種での会社設立・維持運営では、通常対応が可能です。

その中でもいくつかの分野においては、クライアント数・経験数が多いため、特に当社が得意とする分野と、頻出トピックについて、以下に列挙しました。こうした分野では特に、分野固有の税務や会社運営・管理に関わる知識と経験を蓄積し、日々研鑽に努めております。

インターネット
オンライン広告会社、オンラインプラットフォーム、SaaSなど
ソフトウェア・IT
ソフトウェア開発会社、ソフトウェア営業拠点、ITベンダのプロマネ拠点など
コンサルティング
シンガポール国内向けコンサルティング、遠隔でのコンサルティングなど
貿易
三国間貿易拠点、商社機能としてのシンガポール法人など
スタートアップ
スタートアップ(ホールディング、オペレーション法人)、シンガポール子会社など
投資会社・持株会社
スタートアップ投資家、投資会社、SPC、資産管理会社、ホールディングなど

インターネット

インターネットビジネスでは、国際税務や無形資産の扱いなど、場所を選ばないインターネットビジネスならではのポイントがあり、また新しい言葉が多く生まれる産業であるが故、業界知識のキャッチアップも求められる分野です。当社では、多くのインターネットビジネスをサポートし、経験を積むとともに関連知識を磨いております。

国際税務

シンガポールから行うインターネットビジネスでは、国をまたいだ事業となることが多く、例えば日本・シンガポール間の取引では両国の税務上の規制や取扱いについて把握して、国際税務に注意することが必須です

無形資産の扱い

インターネットビジネスには、無形資産の提供やサービスが含まれることが多く、ロイヤルティの源泉徴収税など、税務に注意が必要です。また、無形のものを提供するが故、銀行からの調査が入ることも多く、銀行口座管理面でも注意が必要です

業界理解の必要性

インターネットビジネスといっても幅が広く、それぞれの業界の商流や支払いに関する理解が必要です。更に、事業の基本的な理解としての業界知識も必要となります。例えば一般用語(CAC、ROAS、SEO/PPC…)を理解しておくことは欠かせません

ソフトウェア・IT

ソフトウェア・IT企業のシンガポールシフトも当社では多数お手伝いしております。こうした事業では、同じく無形資産ベースのインターネット系事業と似た部分と、そしてソフトウェアならではの部分があり、国境をまたぐ取引、資産の償却、契約などの税務検討は大事な論点です。こうした事例を積み、アドバイスに努めています。

国際取引の組み立て

シンガポールにソフトウェア・IT会社の拠点を置く場合、開発リソースがベトナムやミャンマー、あるいはクライアントが日本になるなど、大半が国際的な取引になります。こうした取引を税務と商流の効率を考え設計し組み立てる必要があります

ソフトウェア資産の税務対応

シンガポールでは資本性・資産性の取引には課税されず、また費用として償却できる部分が限られます。ソフトウェア資産がある場合、税務上の対応により費用として処理できるかどうか、大きな影響があるため、各所で税務面からの検討が必要になります

税務を鑑みた契約関係

ソフトウェア関連の事業においては、契約の結び方・内容により税務面でも大きな影響が生じます。シンプルな例では、委託にするのか引取販売にするのか、レベニューシェアなのかフィーの支払いなのか、といった契約レベルでの設計は非常に重要です

コンサルティング

コンサルティングは遠隔でのサービス提供が可能なこともあり、多数の当社クライアントもコンサルティングビジネスを営まれています。国際税務の論点に加え、リーンな組織になっているクライアントも多いため、その内部運営や銀行・政府の審査に対応できる会社運営を、当社でサポート・代行しています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

内部管理・バックエンドオペレーション

社内の内部人材がコンサルティングそのものに特化していることも多く、会社内部の管理やバックエンドの運営に手が回らないことが多々あります。そうした場合でも、会社運営管理を外部含め成立するような現実解を見つけることが必要です

銀行・ビザ対応 ※特に小規模事業者や個人移住のケース

無形サービスであり提供内容が外部からは見えないコンサルティングビジネスでは、銀行からの調査対象になることも多く、また就労ビザ申請では審査が厳しくなりやすい現実があります。こうした審査対応に耐えうる業務プロセスを築くことも重要です

貿易

世界の貿易拠点としてシンガポールはトップクラスの評価を得ています。税制や銀行システム、国際物流といったインフラを持つシンガポールで貿易を営むクライアントは多く、当社でも貿易業への理解に努め、貿易に絡む複雑な税務検討や消費税対応など、全面的にサポートしています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

消費税対応

売上高 1 million SGDを超えると消費税(GST)登録企業としてGST回収・納付が必要になります。輸出取引の場合はGSTの影響を除けることもあり、”輸出”と認められるための契約、商流設計を含めて慎重に検討し対応していく必要があります

貿易業に対する理解

貿易における会計上・税務上の処理は一筋縄では行かないことが多くあります。背景となるトレードファイナンスや貿易条件(Incotermsなど)の基本知識を持ち、取引内容を理解して初めて適切な会計・税務処理が可能となります

スタートアップ

安定したインフラ、税制を持ち、投資家が集まるシンガポールはアジアにおけるスタートアップ拠点として重要な地位を占めています。当社では、シード、Series A、B、Cステージのスタートアップの本体・子会社をお手伝いすることも多く、投資家対応などの背景を踏まえた対応や資金調達に伴う登記なども柔軟に対応しています。

事業・オペレーションのセットアップ

スタートアップあるいはスタートアップ子会社の立ち上げでは急速な成長が求められます。少人数で多数のタスクを消化するため、営業的側面に内部リソースを集中投下、オペレーション的側面には外部や親会社リソースを入れることも有効な解になります

ファイナンス関連登記

スタートアップのファイナンスでは、投資家が決まった後も気を抜けません。例えば優先株発行登記では、専門知識に基づいて書類を作り、また手続きを設計、更には投資家対応も複雑になるため、細心の注意を払ってこの重要タスクを進める必要があります

新しい産業 x 新オペレーション

スタートアップで挑戦されている事業は新規性が高く、オペレーションも自社で作っていくことになります。スタートアップの現実を鑑みて優先順位をつけて致命的な問題が発生しないよう、かつスピーディに進めるバランス感が求められます

投資会社・持株会社

シンガポールでは資本性の収益には課税がされないため、キャピタルゲイン非課税や配当非課税という税メリットがあります。このメリットを活かしてシンガポールから投資をされているクライアントが多くいらっしゃいます。専門知識を要する投資関連分野は、当社の重点分野として知識習得に努め、広くお手伝いをしております。

投資関連税務への対応

シンガポールでもキャピタルゲインは全て非課税になるわけではなく、また検討次第で利益から控除できるものもあります。投資に関しては状況・取引ごとに税務上の扱いが異なることも多く、一般論ではなく個別に検討し、結論づける必要があります

投資スキームの検討

どの法人が・どの形で投資をするのか、また資金はエクイティかデットで入れるのか、といった投資スキームにより、収益や税務関係が変わることはよくあります。スキームを適切な理解、知識に基づいて構築することは安定収益を上げるためには不可欠です

投資管理

投資を行った後、投資資産を適切・適時に管理し、収益を生む投資として維持するには、財務や税務の専門知識が必要なことも多くあります。効率的に、しかし適切に管理を行える体制を構築することは、投資収益を最大化する上で重要です
インターネット
オンライン広告会社、オンラインプラットフォーム、SaaSなど
ソフトウェア・IT
ソフトウェア開発会社、ソフトウェア営業拠点、ITベンダのプロマネ拠点など
コンサルティング
シンガポール国内向けコンサルティング、遠隔でのコンサルティングなど
貿易
三国間貿易拠点、商社機能としてのシンガポール法人など
スタートアップ
スタートアップ(ホールディング、オペレーション法人)、シンガポール子会社など
投資会社・持株会社
スタートアップ投資家、投資会社、SPC、資産管理会社、ホールディングなど

インターネット

インターネットビジネスでは、国際税務や無形資産の扱いなど、場所を選ばない事業ならではのビジネス課題があり、また新しい言葉が多く生まれる産業であるが故、業界知識のキャッチアップも求められる分野です。当社では、多くのインターネットビジネスをサポートし、経験を積むとともに関連知識を磨いております。

国際税務

シンガポールから行うインターネットビジネスでは、国をまたいだ事業となることが多く、例えば日本・シンガポール間の取引では両国の税務上の規制や取扱いについて把握して、国際税務に注意することが必須です

無形資産の扱い

インターネットビジネスには、無形資産の提供やサービスが含まれることが多く、ロイヤルティの源泉徴収税など、税務に注意が必要です。また、無形のものを提供するが故、銀行からの調査が入ることも多く、銀行口座管理面でも注意が必要です

業界理解の必要性

インターネットビジネスといっても幅が広く、それぞれの業界の商流や支払いに関する理解が必要です。更に、事業の基本的な理解としての業界知識も必要となります。例えば一般用語(CAC、ROAS、SEO/PPC…)を理解しておくことは欠かせません

ソフトウェア・IT

ソフトウェア・IT企業のシンガポールシフトも当社では多数お手伝いしております。こうした事業では、同じく無形資産ベースのインターネット系事業と似た部分と、そしてソフトウェアならではの部分があり、国境をまたぐ取引、資産の償却、契約などの税務検討は大事な論点です。こうした事例を積み、アドバイスに努めています。

国際取引の組み立て

シンガポールにソフトウェア・IT会社の拠点を置く場合、開発リソースがベトナムやミャンマー、あるいはクライアントが日本になるなど、大半が国際的な取引になります。こうした取引を税務と商流の効率を考え設計し組み立てる必要があります

ソフトウェア資産の税務対応

シンガポールでは資本性・資産性の取引には課税されず、また費用として償却できる部分が限られます。ソフトウェア資産がある場合、税務上の対応により費用として処理できるかどうか、大きな影響があるため、各所で税務面からの検討が必要になります

税務を鑑みた契約関係

ソフトウェア関連の事業においては、契約の結び方・内容により税務面でも大きな影響が生じます。シンプルな例では、委託にするのか引取販売にするのか、レベニューシェアなのかフィーの支払いなのか、といった契約レベルでの設計は非常に重要です

コンサルティング

コンサルティングは遠隔でのサービス提供が可能なこともあり、多数の当社クライアントもコンサルティングビジネスを営まれています。国際税務の論点に加え、リーンな組織になっているクライアントも多いため、その内部運営や銀行・政府の審査に対応できる会社運営を、当社でサポート・代行しています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

内部管理・バックエンドオペレーション

社内の内部人材がコンサルティングそのものに特化していることも多く、会社内部の管理やバックエンドの運営に手が回らないことが多々あります。そうした場合でも、会社運営管理を外部含め成立するような現実解を見つけることが必要です

銀行・ビザ対応 ※特に小規模事業者や個人移住のケース

無形サービスであり提供内容が外部からは見えないコンサルティングビジネスでは、銀行からの調査対象になることも多く、また就労ビザ申請では審査が厳しくなりやすい現実があります。こうした審査対応に耐えうる業務プロセスを築くことも重要です

貿易

世界の貿易拠点としてシンガポールはトップクラスの評価を得ています。税制や銀行システム、国際物流といったインフラを持つシンガポールで貿易を営むクライアントは多く、当社でも貿易業への理解に努め、貿易に絡む複雑な税務検討や消費税対応など、全面的にサポートしています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

消費税対応

売上高 1 million SGDを超えると消費税(GST)登録企業としてGST回収・納付が必要になります。輸出取引の場合はGSTの影響を除けることもあり、”輸出”と認められるための契約、商流設計を含めて慎重に検討し対応していく必要があります

貿易業に対する理解

貿易における会計上・税務上の処理は一筋縄では行かないことが多くあります。背景となるトレードファイナンスや貿易条件(Incotermsなど)の基本知識を持ち、取引内容を理解して初めて適切な会計・税務処理が可能となります

スタートアップ

安定したインフラ、税制を持ち、投資家が集まるシンガポールはアジアにおけるスタートアップ拠点として重要な地位を占めています。当社では、シード、Series A、B、Cステージのスタートアップの本体・子会社をお手伝いすることも多く、投資家対応などの背景を踏まえた対応や資金調達に伴う登記なども柔軟に対応しています。

事業・オペレーションのセットアップ

スタートアップあるいはスタートアップ子会社の立ち上げでは急速な成長が求められます。少人数で多数のタスクを消化するため、営業的側面に内部リソースを集中投下、オペレーション的側面には外部や親会社リソースを入れることも有効な解になります

ファイナンス関連登記

スタートアップのファイナンスでは、投資家が決まった後も気を抜けません。例えば優先株発行登記では、専門知識に基づいて書類を作り、また手続きを設計、更には投資家対応も複雑になるため、細心の注意を払ってこの重要タスクを進める必要があります

新しい産業 x 新オペレーション

スタートアップで挑戦されている事業は新規性が高く、オペレーションも自社で作っていくことになります。スタートアップの現実を鑑みて優先順位をつけて致命的な問題が発生しないよう、かつスピーディに進めるバランス感が求められます

投資会社・持株会社

シンガポールでは資本性の収益には課税がされないため、キャピタルゲイン非課税や配当非課税という税メリットがあります。このメリットを活かしてシンガポールから投資をされているクライアントが多くいらっしゃいます。専門知識を要する投資関連分野は、当社の重点分野として知識習得に努め、広くお手伝いをしております。

投資関連税務への対応

シンガポールでもキャピタルゲインは全て非課税になるわけではなく、また検討次第で利益から控除できるものもあります。投資に関しては状況・取引ごとに税務上の扱いが異なることも多く、一般論ではなく個別に検討し、結論づける必要があります

投資スキームの検討

どの法人が・どの形で投資をするのか、また資金はエクイティかデットで入れるのか、といった投資スキームにより、収益や税務関係が変わることはよくあります。スキームを適切な理解、知識に基づいて構築することは安定収益を上げるためには不可欠です

投資管理

投資を行った後、投資資産を適切・適時に管理し、収益を生む投資として維持するには、財務や税務の専門知識が必要なことも多くあります。効率的に、しかし適切に管理を行える体制を構築することは、投資収益を最大化する上で重要です
Your Title Goes Here

Your content goes here. Edit or remove this text inline or in the module Content settings. You can also style every aspect of this content in the module Design settings and even apply custom CSS to this text in the module Advanced settings.

インターネット
インターネットビジネスでは、国際税務や無形資産の扱いなど、場所を選ばないインターネットビジネスならではのポイントがあり、また新しい言葉が多く生まれる産業であるが故、業界知識のキャッチアップも求められる分野です。当社では、多くのインターネットビジネスをサポートし、経験を積むとともに関連知識を磨いております。

国際税務

シンガポールから行うインターネットビジネスでは、国をまたいだ事業となることが多く、例えば日本・シンガポール間の取引では両国の税務上の規制や取扱いについて把握して、国際税務に注意することが必須です

無形資産の扱い

インターネットビジネスには、無形資産の提供やサービスが含まれることが多く、ロイヤルティの源泉徴収税など、税務に注意が必要です。また、無形のものを提供するが故、銀行からの調査が入ることも多く、銀行口座管理面でも注意が必要です

業界理解の必要性

インターネットビジネスといっても幅が広く、それぞれの業界の商流や支払いに関する理解が必要です。更に、事業の基本的な理解としての業界知識も必要となります。例えば一般用語(CAC、ROAS、SEO/PPC…)を理解しておくことは欠かせません
ソフトウェア・IT
ソフトウェア・IT企業のシンガポールシフトも当社では多数お手伝いしております。こうした事業では、同じく無形資産ベースのインターネット系事業と似た部分と、そしてソフトウェアならではの部分があり、国境をまたぐ取引、資産の償却、契約などの税務検討は大事な論点です。こうした事例を積み、アドバイスに努めています。

国際取引の組み立て

シンガポールにソフトウェア・IT会社の拠点を置く場合、開発リソースがベトナムやミャンマー、あるいはクライアントが日本になるなど、大半が国際的な取引になります。こうした取引を税務と商流の効率を考え設計し組み立てる必要があります

ソフトウェア資産の税務対応

シンガポールでは資本性・資産性の取引には課税されず、また費用として償却できる部分が限られます。ソフトウェア資産がある場合、税務上の対応により費用として処理できるかどうか、大きな影響があるため、各所で税務面からの検討が必要になります

税務を鑑みた契約関係

ソフトウェア関連の事業においては、契約の結び方・内容により税務面でも大きな影響が生じます。シンプルな例では、委託にするのか引取販売にするのか、レベニューシェアなのかフィーの支払いなのか、といった契約レベルでの設計は非常に重要です
コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングは遠隔でのサービス提供が可能なこともあり、多数の当社クライアントもコンサルティングビジネスを営まれています。国際税務の論点に加え、リーンな組織になっているクライアントも多いため、その内部運営や銀行・政府の審査に対応できる会社運営を、当社でサポート・代行しています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

内部管理・バックエンドオペレーション

社内の内部人材がコンサルティングそのものに特化していることも多く、会社内部の管理やバックエンドの運営に手が回らないことが多々あります。そうした場合でも、会社運営管理を外部含め成立するような現実解を見つけることが必要です

銀行・ビザ対応 ※特に小規模事業者や個人移住のケース

無形サービスであり提供内容が外部からは見えないコンサルティングビジネスでは、銀行からの調査対象になることも多く、また就労ビザ申請では審査が厳しくなりやすい現実があります。こうした審査対応に耐えうる業務プロセスを築くことも重要です
貿易
世界の貿易拠点としてシンガポールはトップクラスの評価を得ています。税制や銀行システム、国際物流といったインフラを持つシンガポールで貿易を営むクライアントは多く、当社でも貿易業への理解に努め、貿易に絡む複雑な税務検討や消費税対応など、全面的にサポートしています

国際税務

シンガポールから行うコンサルティングビジネスでは、国際税務の検討が重要です。例えば日本のクライアント向けサービスでは、シンガポールの税務に限らず、日本でのクライアント側の税務にも留意して事業を組み立て、事業運営することが必須です

消費税対応

売上高 1 million SGDを超えると消費税(GST)登録企業としてGST回収・納付が必要になります。輸出取引の場合はGSTの影響を除けることもあり、”輸出”と認められるための契約、商流設計を含めて慎重に検討し対応していく必要があります

貿易業に対する理解

貿易における会計上・税務上の処理は一筋縄では行かないことが多くあります。背景となるトレードファイナンスや貿易条件(Incotermsなど)の基本知識を持ち、取引内容を理解して初めて適切な会計・税務処理が可能となります
スタートアップ
安定したインフラ、税制を持ち、投資家が集まるシンガポールはアジアにおけるスタートアップ拠点として重要な地位を占めています。当社では、シード、Series A、B、Cステージのスタートアップの本体・子会社をお手伝いすることも多く、投資家対応などの背景を踏まえた対応や資金調達に伴う登記なども柔軟に対応しています。

事業・オペレーションのセットアップ

スタートアップあるいはスタートアップ子会社の立ち上げでは急速な成長が求められます。少人数で多数のタスクを消化するため、営業的側面に内部リソースを集中投下、オペレーション的側面には外部や親会社リソースを入れることも有効な解になります

ファイナンス関連登記

スタートアップのファイナンスでは、投資家が決まった後も気を抜けません。例えば優先株発行登記では、専門知識に基づいて書類を作り、また手続きを設計、更には投資家対応も複雑になるため、細心の注意を払ってこの重要タスクを進める必要があります

新しい産業 x 新オペレーション

スタートアップで挑戦されている事業は新規性が高く、オペレーションも自社で作っていくことになります。スタートアップの現実を鑑みて優先順位をつけて致命的な問題が発生しないよう、かつスピーディに進めるバランス感が求められます
投資会社・持株会社
シンガポールでは資本性の収益には課税がされないため、キャピタルゲイン非課税や配当非課税という税メリットがあります。このメリットを活かしてシンガポールから投資をされているクライアントが多くいらっしゃいます。専門知識を要する投資関連分野は、当社の重点分野として知識習得に努め、広くお手伝いをしております。

投資関連税務への対応

シンガポールでもキャピタルゲインは全て非課税になるわけではなく、また検討次第で利益から控除できるものもあります。投資に関しては状況・取引ごとに税務上の扱いが異なることも多く、一般論ではなく個別に検討し、結論づける必要があります

投資スキームの検討

どの法人が・どの形で投資をするのか、また資金はエクイティかデットで入れるのか、といった投資スキームにより、収益や税務関係が変わることはよくあります。スキームを適切な理解、知識に基づいて構築することは安定収益を上げるためには不可欠です

投資管理

投資を行った後、投資資産を適切・適時に管理し、収益を生む投資として維持するには、財務や税務の専門知識が必要なことも多くあります。効率的に、しかし適切に管理を行える体制を構築することは、投資収益を最大化する上で重要です

当社のサービスの特徴

専門知識と経験

シンガポールの会社設立・運営とシンガポール移住の専門家として、知識と経験を積み重ねております。

特に、当地ローカル事情・現在の状況した対応が行えるよう、法規制や会計・税務などの基本知識に加え、銀行の規制対応やビザ審査の実態など、実例・生情報を集め、実践的な対応とアドバイスをご提供できるよう、日々研鑽に努めております

日本語でのサポート

当社のサービスは全て日本語により提供しております。

これは、ご提供している会社設立や運営、ビザといった内容が複雑・専門的なものになることも多くなり、言語が不慣れな英語になると難しさも倍増するためです。

こうした不安をなくすため、日本人あるいは日本語話者が窓口となり、サービスをご提供いたします

スピーディかつ実践的な対応

クライアントからのご連絡には迅速に回答すべく、原則1営業日以内の返信を基本としております。

メールやLINE、またGoogle Driveなどのクラウドツールも使用して、「問題が解決するコミュニケーション」を目指しています。

クライアント・当社、双方スムーズに、気持ちの良いコミュニケーションで仕事が進むことを心がけております

個別ケースのご相談について

当社では、我々が持つ知識・経験を共有申し上げる趣旨で様々な発信にも取り組んでおります。

これまでの豊富な法人設立実績を元に、シンガポールでの法人設立における準備・設立のプロセスと要件についてまとめたシンガポールにおける会社設立の要件の記事や、シンガポールの魅力の一つである税制については、シンガポール法人のメリット(税制)を記事にまとめております。

こうしたまとめもやはり一般論の枠を出ず、個別の事案については当社にお問い合わせいただき、事情に応じた解決策をご相談いただくのがベストかと思います。メールとお問い合わせフォームでのご連絡は随時受け付けており、1営業日以内のご返信を心掛けております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい

(Homepage - Organic)