nominee director services

現地取締役名義貸し

シンガポールの会社法上、取締役のうち1名は少なくともシンガポールに住所を構える「現地取締役」であることが求められます。この現地取締役を当社でご提供することが可能です。

シンガポールでの会社設立において、最も難しい要件の一つが現地取締役(ローカル・ダイレクター)です。シンガポール会社法では、全ての法人に対して1人以上の現地取締役(シンガポールに住所を持つシンガポール人、シンガポール永住権保有者、当該法人からEPの発行を受けた取締役)の就任を求めています。就労ビザは、会社を設立して初めて申請が可能になるため、会社設立時に外国人が現地取締役になることはできません。つまり、新会社の設立時には、シンガポール人あるいは永住権保有者を取締役とすることが必須となります。

しかし新たにシンガポールへ進出しようとする場合、シンガポール現地で信頼できる社外取締役を自力で見つけるのは簡単ではありません。そこで当社では、当社専門家が取締役として就任(名義貸し)し、皆様の会社設立要件を満たすお手伝いを行っています。

仮に皆様が取締役に就任してくれるシンガポール人を見つけたとしても、取締役に就任する以上、当該取締役には法律で定められた権限と責任が発生します。不用意に取締役に就任させてしまいトラブルに巻き込まれる、ということもあり得ます。

そこで当社専門家を貴社取締役に就任させて法定要件を満たし、同時に皆様が安心して会社設立・運営をできるようにすることが本サービスの趣旨です。当社より派遣する名義貸し取締役は必要最低限の法定事項以外の業務は行わず、日々の業務運営に口を出すことは一切ありません。当社の現取締役名義貸しにより要件を満たして会社を設立でき、皆様は事業運営にフォーカスすることができます。

業務関わる権限を持たないのと 同時に、現地取締役として名義をお貸しする我々が日々のオペレーションに関わることはなく、またビジネス・業務上の責任は一切負わない旨を明らかにしたご契約を締結致します。当社では、取締役名義貸しサービスをご提供する前に審査を行い、会社内容・事業内容に問題が無いか、不測の事態が起こることは無いか、確認をさせて頂いた上でサービスご提供できるかどうかをお伝え致します。

現地取締役を任命することは、シンガポール法人存続の重要な法定要件です。

プロフェッショナルとして貴社取締役に就任し会社維持をお手伝い致します。

(Nominee - Organic)